教育 生活

アート教育を手軽に!Casie(カシエ)の定額絵画レンタルが子どもの教育にも使えちゃう!

最近、ビジネス界で「アート思考」という考え方が流行っている影響もあってか、お子さんへのアート教育も注目を集めています。「13歳からのアート思考」という書籍も人気で、書店で平積みされているのをよく見かけます。

合わせて読む
「13歳からのアート思考」で親子一緒にアート思考力を鍛えたい!

「13歳からのアート思考」書店でも最近よく見かけますよね。皆さんは読みましたか? ビジネスの世界でも「アート」をビジネスに活かす考え方が流行っています。何が起こるか分からない世の中で、正解を求めるばか ...

続きを見る

本日は、日本初の定額制絵画レンタルCasieを小学生の息子と一緒に申込みしてみた体験談をご紹介します!

結論から先にお伝えしてしまうと、

Casieを通じて息子のアートに対する親近感や意識が変化したので、手軽にお子さんにアートに触れる機会を作りたい方にはぜひおススメです。


そもそもCasieとは?

Casieは会社を京都に構える 日本初 の絵画定額レンタルサービスです。最近流行りのサブスクリプションサービス(月額定額サービス)です。

しかし、サブスクと言えど、絵画を扱っているところがなんとも新鮮!ですよね。

月額一定のレンタル料を支払うと、好きな作品を、好きな時に、好きな期間レンタルすることができます。

扱っている作品は 原画 のみ(=この世に1点しかない) 3,000 作品以上!しかも日々扱う作品が増えています。定期的にホームページをのぞくと、その都度新しい作品が追加されていて「お!」と毎回ワクワクします。

作家さんは現在活躍中のアーティストのものばかり。現代アートに触れることができます。

 

 

Casieに興味を持った理由

以前から子どもが積極的にアートに触れる機会を作りたいなと思ってはいたものの、

美術館にそう頻繁にはいけないし、でも子どもにはアートに触れてほしい、アートから何かを感じる経験をしてほしい・・・

何かいい方法はないものかと思っていました。

その時にCasieを知り、これなら子どもが自分で選んだ絵(しかも原画!)を、好きな期間飾ることができ、子どもも自分の好みの絵に触れることができる!というところに魅力を感じました。

子どもが自ら絵を選び、それを飾るなんて、このようなサービスがなければなかなかできないですよね。

絵を選ぶ過程で子ども自身も自分はどのようなテイストの絵が好きなのか、今の自分の気分はどのようなものなのかなど、いろいろな発見があるのではとも思いました。

 

どうやって絵を選ぶ?

Casieの沢山ある作品の中から絵を選ぶ選び方は「自分で選ぶ」と、自分の好みをCasieのプロスタッフの方に伝えて「選んでもらう」という2パターンがあります。

今回私は息子に「自分で選ぶ」という経験をさせてみたかったので、2人でホームページの作品一覧とにらめっこ!

サイズ(大・中・小)や色の雰囲気(寒色系・暖色系etc)、絵のジャンル(抽象的な絵・動物の絵・花の絵etc)で絞り込み検索もできるので、その機能も使いながらあべみずほさん作のPlanet,Op.9を借りることに決めました!宇宙好きな息子が「地球だ!!」と選んだ作品です。ピンときたようです。

 

気になった絵画がレンタルされていたら?

すべて原画、一点ものを扱うCasieなので、誰かがレンタルしていればその絵は借りられません。ホームページの絵画一覧で「RENTED」と赤い表示が出ている絵は既に借りられているものです。

もしどうしてもレンタル中の絵を借りたい場合は、「絵画を予約する」というボタンから申し込みをすると、今借りている人から返却され、借りられる状態になったら連絡をもらえます!ただし、返却時期は基本的に今借りている人にゆだねられているので、しばらく借りられない状態が続く可能性もあります。

 

月額いくらなの?

作品の大きさに応じて月額が3パターンに分かれています。

小さめサイズの絵画:月額 1,980円(税別)ライトプラン

ポスターサイズの絵画:月額 2,980円(税別)レギュラープラン

存在感抜群の大きな絵画:月額 5,300円(税別)プレミアムプラン

 

息子が今回選んだのが20cm×20cmの作品だったので、ライトプランで申込をしました。

現在は期間限定で 初月500円 でお試しができます!

 

申込みをしてみた!

無事どの絵画をレンタルするか決まったところで、CasieのHPから申し込みをしました。

申込完了から4日後、無事手元に到着しました!

そして開けてみると、

利用ガイドや作家さんのプロフィール、アートについて学べるリーフレット、飾る時用のピン(画鋲みたいなもの)と一緒に作品が入っていました!

恐る恐るプチプチを開けて作品を手に取る息子。

原画を自分の手に持つ経験、手に持ってじっと近くで見る経験などしたことがないので、そのすべてが新鮮です。

油絵の絵の具の凹凸感をこんなに間近で見たことはありません!親子で思わず「おーぉ!」。

そして息子が突然、「ここは白使ってるね。ここのゴールドは火山表してるんじゃないかな。この線は光を表現してるのかな?」と絵について自分の思うことを話し始めました。私から「どう思う?」と話を振ったわけではなかったので、突然のことに私もびっくり。コピーや写真などではなく、原画に触れる、ってこういうことなのかなと素直に感じた瞬間でした。

そしていざ、壁へ。

今回はサイズ感なども考えて玄関に飾ることにしました。飾るためのピンもついていたので、特に準備するものもなくすぐ飾れてラクチンです。

玄関に地球が!!うれしい。

そして、飾った後に家族で話し合い、この玄関スペースを息子セレクトのアートスペースにすることにしました。

この絵が気に入っているので、当分交換の予定はありませんが、季節で変えたり、気分で変えたり、そこも息子に任せてこのスペースは息子セレクトのアートを楽しむスペースと決めてみました!「自分の壁」を得た息子はとても嬉しそう、張り切っています。

 

レンタル中の絵を買い取ることはできる?

レンタル中の絵を買い取ることも可能だそうです。(一部作家さんの思い入れの強い作品は買い取れないこともあるようです。)

もちろんその絵その絵で価格は異なりますが、Casieで扱う絵画の相場としては 50,000円~100,000円 のものが多いそうです。

Casieのスタッフの方に絵画の価格を確認することもできるので、しばらく飾ってみて欲しいかも…と思ったら、まずは問い合わせて価格を確認してみるとよさそうです!

 

どうやって別の絵に交換するの?

別の絵への交換は1か月後から可能です。Casieのホームページから次に借りたい作品を選んで、届けてもらいたい時期を入力し申し込めば完了です。

新しい絵が届いたら、今飾っている絵を送られてきた時の箱に戻して返送すればOK。

サイズの上げ下げ(プランの変更)も自由なので、今飾っている絵が大きめサイズでも、次は小さめの絵に交換というのも可能です。

交換の際には作品サイズ別に設定された「交換手数料」が必要です。

(ライトプラン:800円 レギュラープラン:1,500円 プレミアムプラン:2,500円)

 

もし絵を傷つけてしまったら?

レンタルなので、傷をつけてしまったりしたらどうしよう!という心配もありますよね。

Casieではレンタル料に保険が含まれていて、破損や汚れにも対応してもらえるそうです。(悪意のあるものは除く)

運送中の保険にも入っているとのことで、安心です。

レンタル申込をした直後にCasieサポートチームの方からお電話をいただいたのですが(申込内容の確認)、とても丁寧&気さくにお話しして下さって、困ったことがあったら相談しやすそうな雰囲気でした。

 

Casieを使ってみた結果、息子に現れた変化とは

Casieを通じて原画に触れたことで、息子も絵をじっくり見ることができるんだ!そしてじっくり見て感じたことを表現することもできるんだ!という嬉しい発見がありました。

実際原画を手に取って初めて気づいたのですが、そういえば美術館は小さい子どもにとって、絵が飾られている位置が大人合わせの少し高めで、子どもにとってはじっくり見ることは難しい環境だったりすることが多いですよね。

今回じっくりと自分の視線に合う高さで眺め、その筆使い、色使いを観察することが息子にとっていい刺激になっていると思いました。

そして、Casieがきっかけで今まで以上に絵に興味を持ったのか、作家さんを身近に感じたのか、自分も描いてみたいと思ったのか、

Casie主催のキッズアートコンテスト2020に応募する!と息子は自分で絵を描いています。何点でも応募可能なので沢山描くそうです。どんな作品が出来上がるのか楽しみです!お家時間が長いこの夏休みのいい思い出になりそう。

 

まとめ

以上、息子と私が体験した(現在も継続中)定額制絵画レンタルCasieについて本日はご紹介しました。

月額数千円で生活が少し豊かになり、アート教育にもつながるサービスに出会えたなと感じています。

ホームページを見るたびに作品が増えていくので、定期的にチェックして、次はどのような作品を息子が選ぶのか、成長とともに選ぶ視点が変わっていくのか、息子の変化も楽しみです!

 

 


スポンサーリンク

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
nope

nope

大学卒業後、エンタメ系会社に入社。 現在もフルタイムで働くワーママ。2人の子どものワンオペ育児に 日々奮闘中。 出産後、パーティープランナー資格取得。 「こどもといっしょ」の生活をもっと楽(ラク)に、もっと楽しく!をテーマに 子どもと一緒にできるちょっとしたパーティーアイデアや、育児や教育など日々の生活のことを中心に書きます!

-教育, 生活

© 2021 こどもといっしょ Powered by AFFINGER5